第 2 集 2004年03月

金演権総領事 着任の抱負

駐広島韓国総領事館の新しい総領事 金演権 氏がこのほど着任されました。
金演権新総領事は 当協会を通じて皆様にご着任の抱負を 次のようにお寄せ頂きました。

   広島の皆様、始めまして。3月15日に着任した駐広島大韓民国総領事の金 演 権 と申します。金井会長をはじめ広島県日韓親善協会 会員の皆様には、日頃から 韓日友好親善にご尽力頂き、深く感謝申し上げます。さて、私にとって広島の印象 はと言いますと、山には緑が溢れ、市内には六つの川が流れ、59年前の原爆投下 がとても信じられないほどに、静かで平和な、美しい都市であると感じました。
 今年、韓国では第四次日本文化開放を迎え、韓日友好親善の雰囲気が一新され ました。両国の国民が、お互いの国の音楽や文化に興味を持ち、相互理解が深ま れば、両国の距離が、また一歩近付くことは言うまでもありません。そして 2005年 は、韓日国交正常化40周年を迎え、「韓日友情の年」に制定される予定です。
 現段階から観光振興や多様な交流を推進し、土台作りをすることが、成功の鍵と 思われます
 これからも、韓日友好親善にお力添え下さいますよう、お願い致します。
 広島空港からは、ソウル行きの飛行機が、広島港からは、釜山行きの国際定期 FERRY 「ウンハ」 が運航しており、広島から韓国への交通アクセスも充実して います。私は、広島と韓国との交流がさらに増進されるよう、邁進していく所存です ので、今後とも、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


金 演権 総領事 略歴



金 演権(キム ヨンゴン) 総領事

1954年1月8日 生まれ
1976年 2月 麗大学 法学科 卒業
1977年 3月 外務部 入部
1986年 1月 駐名古屋大韓民国総領事館 領事
1991年 7月 在外国民 1課長
1992年 6月 駐ミャンマー大韓民国大使館 参事官
1995年 6月 駐日本大韓民国大使館 参事官兼総領事
1998年 3月 外交安保研究院 研究官
1999年 2月

            2002年ワールドカップサッカー組織委 派遣
2000年 8月 在外国民担当審議官
2001年 7月 駐大阪大韓民国総領事館 神戸事務所長
2004年 3月 駐広島大韓民国総領事館 総領事

 


 

□ 広島-釜山フェリー新船建造へ新会社設立


 02年10月に就航した広島-釜山間の定期国際フェリー 銀河(ウンハ)の利用者低迷を打破しようと、在日韓国人実業家らが 新会社「広釜フェリー」を設立、新船建造へと動き出しました。(株)マツヤ商会会長で広島韓国商工会議所の前会長 金孝烈氏が中心となり、予定の資本金1億円のうち半額以上をすでに集めています。


 社長の金孝烈氏は「今後 日本の海運、旅行業界や地元広島財界からも出資を募り、日韓合同で新船建造を進めたい。」としています。

 


 

□ 「大邱の日」広島メッセンジャー 決まる


 姉妹提携している大邱広域市との友好交流の最前線で活躍してもらおうと、広島市が毎年選んでいる「広島メッセンジャー」に新しく次の2人が選ばれました。

 

  ◎ 朴 成柱 さん : 広島修道大学大学院生
◎ 永田尚子 さん : 広島修道大学 卒


 2人は04年5月2日の「大邱の日」でデビュー、広島市と大邱広域市の交流事業の司会者や通訳などとして活躍する予定です。


 

□ 「つばめ」 広島公演

  朝鮮通信使をテーマにした ミュージカル「つばめ」の広島公演が、2月18日(水)、
広島市中区の郵便貯金ホールで開かれました。
  当協会と民団広島県本部が呼びかけて昨年10月「実行委員会」を結成、準備を進め
ていたものです。当日は およそ1000人が集まり、ジェームス 三木さんの 作・演出によるミュージカルを楽しみました。
  終了後は、ロビーで 出演したわらび座の俳優達に参観者から、口々に「よかった」「とても感動した」などの称賛の声が寄せられました。
  このあと開いた 交流パーティで、出演したスタッフらは、「観客の反応がよく、演技に
力が入った。印象に残る舞台だった」と話していました。


 「つばめ」はこのあと、朝鮮通信使ゆかりの地 下蒲刈と合併した呉市で 6月5日に公演
される予定です。また、今年後半には ソウル・釜山での公演も予定されています。
 

「つばめ」のステージ

出演者とのスナップも・・・

 

お燕を演じた椿千代さんと金井会長

出演者、スタッフとの交流会

 

□ 李河鎭総領事 送別会
 
  駐広島韓国総領事館の李河鎭総領事が 3月に離任されることになり、2月24日(火)
広島市南区のホテルで 送別会が開かれました。
  当協会と民団広島県本部の主催で 広島県、県議会、広島市をはじめ、関係者100人
余りが出席しました。
  席上 当協会の金井宏一郎会長は「一昨年夏のご就任以来、日韓の友好親善のため
全力投球され、特に 広島-釜山の定期フェリーの就航と 今後の航路維持 発展に強い
リーダーシップを発揮された」と功績を称えました。
  また、広島県の佐藤孝夫空港港湾局長も 広島-釜山フェリーの就航や観光交流に
李河鎭総領事が果たした役割を評価し離任を惜しみました。
  李河鎭総領事は 3月10日の帰国されました。