第 1 集 2003年12月

□ 忘年会員の夕べ 開催

  広島県日韓親善協会の恒例年末行事「忘年・会員の夕べ」が 12月 15日(月)の広島市
中区の広島全日空ホテルで凡そ400人が参加して開かれました。豪華賞品があたるお楽しみ
抽選会などもあり、大いに盛り上がりました。
 「会員の夕べ」に先立って講演会が開かれ、昨年8月まで広島で総領事をつとめていた
駐日本韓国大使館の朴承武公使(経済担当)が「韓日経済の現状と課題]について講演しました。
朴承武公使は、この中で「韓日両国政府によるFTA(自由貿易協定)の交渉が近く始まる。
韓国にとって一時的に輸入が増えて、工業を中心に影響を受けるが、長期的には両国に
プラス。必ず成功させなければならない。」と述べました。

朴承武駐日韓国公使

講演会会場
(12.15)

金井宏一郎会長



「会員の夕べ」には 駐広島韓国総領事館の李河鎭総領事のほか広島県の藤田雄山知事、
新田篤美県会議長らも出席、民団婦人会のチャンゴの演奏や広島ハミング歌謡協会の
メンバーによる韓国演歌などのあと、お楽しみ抽選会がありました。
この日のために民団広島県本部、広島商銀をはじめ、県内の韓国系企業や個人が
ブランド品のネクタイや手袋、傘、広島-ソウル往復航空券、広島-釜山フェリーチケット
など豪華賞品を提供して、当選番号の発表のたびに歓声やため息がもれました。
最後は、韓国総領事館職員が「黄色いシャツ」を、会場全体で「アリラン」を大合唱
して、和やかなうちに今年をしめくくりました。

忘年会員の夕べ
(12.15)

李総領事.朴公使.新田議長.藤田知事

留学生・学生も多数参加

民団婦人会のチャンゴ演奏

大盛況の福引き抽選会

会場全体でアリラン大合唱

 


 

□ 第9回 日韓ヤング大集合!! 開催

 恒例の「日韓ヤング大集合」が 11月 22日(土)、広島市中区のNTT白島Qガーデンで開催
されました。広島地区在住の韓国人留学生 39人のほか日本人学生など140人余りが参加。
スピーチコンテストのあとゲームや食事会で交流しました。
 スピーチコンテストは、韓国人留学生は日本語で、日本人学生は韓国語で行い、最優秀賞
には「日韓間の相互理解をすすめるために、共通の文化を創出しよう」と訴えた 広島国際大
2年の白石有理恵さんがえらばれました。

 

140余人が参加した
日韓ヤング大集合(11.22)

スピーチコンテストで
最優秀の白石有理恵さん

食事会では焼肉に舌つづみ

 


 

□ コリアンフェスタに3,500人

 「在日と日本社会のふれ合いを」と、民団広島県本部は 10月 9日、広島市中区の中央
公園で広島コリアンフェスティバルを開きました。雨が心配される空模様でしたが、市民ら3,500
人が参加しました。
  民団県本部の朴昭勝団長、駐広島韓国総領事館の李河鎭総領事らのあいさつのあと、
サムルノリ隊の行進や舞踊の発表、日本と韓国の大道芸が会場内を練り歩くなど多彩な催し
がありました。また 韓国料理の屋台やフリーマーケットも設けられ 終日賑わいました。
  広島県日韓親善協会も、このイベントに協力、韓国の観光や物産を展示するコーナーを
設け、韓国観光公社福岡支社の協力で観光パンフレットの配布などを行いました。

 

     
 

 

 

 
 

オープニングセレモニー
(10.09)

広島県日韓親善協会の観光案内ブース